童貞コンプレックスどうにかしたい一生引きづらないためにやれること

自分は童貞であり、この童貞という言葉がいちいち胸にグサグサ刺さって毎日辛い、どうにかできないものか。

ネットのディスる言葉で

「お前童貞だろ?」

という書き込みがありますが、非童貞であれば、そんなわけねーじゃんとスルーできます。

しかしながら本当に童貞だと胸にグサッと突き刺さりますよね。

本心をつかれている、もしかして自分は幼稚なのではと。

男で生まれたからには1度でも女性と経験を持っていないとダメと思われる風潮があります。残念ですがそれは今も昔も同じこと。

しかし、安心してください、今現在日本の41%の男性が童貞。

これから先ももっと増えていく可能性があります。

それは少子高齢化によって分かる通り、セックスはコスパの悪い行為といってもいいでしょう。

オナホールも進化していますし、VRでエロ動画さえあれば臨場感のある体験もできます。

いずれはVRとオナホールが連動し、本当にセックスをしているような感覚も攻殻機動隊による脳にプラグインさえ差せば脳の電気信号によってセックスを疑似体験できるという経験も今後出てくるでしょう。

とは言っても、この童貞コンプレックスをどうにかしたい。

関連記事:童貞であるのが恥ずかしい卒業したときの開放感はいわれもない安心感でした

今日からでもできる、コンプレックス解消方法について紹介します。

風俗か出会いを増やすかこの2択です。

>>32歳から童貞を卒業できた方法をアドバイスします

童貞コンプレックスが辛いなら割り切れるのであれば、童貞卒業は風俗がおすすめ

30代になって統計情報を見ると、童貞であるという確率がぐんと下がっています。

それは風俗によって同定を卒業したという男性が多いから。

関連記事:30歳童貞が卒業する方法風俗or今日からの努力

ある程度給料ももらいボーナスも貰うことによって、お金と時間が余裕が出来るため、風俗で少しいい女を買って童貞を卒業するというパターン。

また先輩と出張で海外旅行に行きたいで女を買うなんてこともあるでしょう。

タイのゴーゴーバーで童貞卒業なんて人多いんじゃないでしょうか。

関連記事:1週間以内童貞捨てる

風俗で童貞卒業は正攻法じゃなくても童貞卒業なのは変わらない

明らかに正攻法ではない方法ですが、同定を教えたということには変わりありません。

釣りで魚を釣ろうが、投網で魚を釣ろうが魚好きで魚を取ろうが魚を捕ったことには変わらないというのと同じ理由です。

関連記事:童貞卒業の定義は膣に性器を入れるのが一般的

童貞コンプレックスである精神的な解消法

童貞だからといって、いちいち気にする必要はない、堂々とする

童貞だからといって、自分の体に童貞のマークがついているというわけではありません。

ましてや空中に童貞アイコンが点滅しているわけでもありませんし。

パッと見遊んでいるような格好さえしていれば、この人童貞なんだと思われるということもないでしょう。

見た目を騙すというのは、卑怯だと思いますが、それは間違いです。

自分のセックスアピールのためにいかに派手に装飾した鳥というのもいますし、ファッションというのはセックスアピールにとって重要なこと。

見た目を磨くというのは、第1印象を良くするということです。

関連記事:童貞コンプレックスどうにかしたい一生引きづらないためにやれること

リアルな出会い、彼女を作る上でも重要なことですので、決して手は抜かない方がいい行為と言っていいでしょう。

童貞を卒業できなくさせる原因は、早く童貞を捨てたいという焦り

焦りは童貞ぽさを余計に演出してしまい童貞卒業から遠のいてしまう

早く童貞を捨てたいというのはわかりますが、恋愛においてすぐにベッドインさせるというのはなかなか高等技術が必要とされます。

いきなり素人がリフティングを100回やれというようなもので、それなりに場数と練習が必要になってくるということは分かると思います。

1人でもいい感じで雰囲気が良くなったらやれると勘違いしてしまい、ついつい焦って女性に嫌われるというパターンが童貞であるとやってしまうミス一体の人はある程度空気を読んで今日はダメだなぁと、視野が広くなっているので絶好のタイミングは逃しません、これが大きな差と言っていいでしょう。

非童貞のような広い視野を持つためには、どうすればいいかという点ですが、それは、女性とコミュニケーションをとる場数を増やすということです。

童貞卒業するための女性慣れはバッターボックスに入る機会が増やすこと

結局のところ、空気感というものは、経験値によってしか得られることはできません。

いくらネットの情報や書籍を見たところで、うん、なるほどな、といったところ、バッティング理論は頭でいくら位についてもヒットを打てないというのはそういうことです。

結局のところ、失敗してもいいから場数を踏むバッターボックスに立って素振りをする霊が来たら、とにかくフルということを心掛けるということが重要になってきます

童貞コンプレックスどうにかしたいなら女性と出会う場数を増やすおすすめはマッチングアプリ

かといって、場数を踏む為にもところ構わずナンパをするというのも精神的にはボロボロになりますし、体力もお金も多分私もできません。

そういう根性があれば早いうちから童貞卒業していると思います。

傷つかず簡単に複数の女性と場数を踏む経験。

つまりバッターボックスに立つ経験値を踏むのであれば、今ではマッチングアプリをオススメします。

マッチングアプリは同時進行で経験値を積めるナルトの風遁螺旋手裏剣の修行と同じ

1度に複数人の女性とやり取りすることができる、それだけで成功率をアップさせることはできますし、何より複数人相手すれば1人ダメになってもまだ9人いる。

そういった精神的な安定も得ることはできるのが大きな特徴。

私もわりと傷つきやすいタイプで、1人だけ狙いを絞ってダメだった時の喪失感や失敗した時のダメージの反動が抜けるまで相当時間がかかってしまいます。

しかしそれを分かっている上で10人ぐらい最低でも5人から3人相手すると心理的プレッシャーも楽になります。

ある程度心に余裕があると女性もあ、この人余裕があるんだと捉えてくれるので会いやすくなってきます。

一人相手より複数人相手の方がいい意味で雑になって余裕が持てる

特に1人だけ相手するとこの人に嫌われたくないと過剰にメッセージが長文になって気持ち悪くなるという特徴があります。

自分で後々見返すとはなんでこんなメール出してんだよ気持ち悪いとドン引きすることだってありました

逆にマルチタスクだと暇な時にここにご飯に行こうよというのをぽいぽいぽいっと自分の空いてるスケジュールに出すだけなので、割と流れ作業相手もご飯だったらいいかなぁぐらいです。

わりとドライな塩対応であ、この人なんで私に対してそんなに塩なんだろうと興味を持ってくれる可能性だってあります。

童貞コンプレックスどうにかしたいまとめ

というように場数さえ踏んでしまうか、風俗で一発やって自信を持つかによって童貞コンプレックスは解消していくでしょう。

とにかく今童貞でも色んな女性と尻をきっかけがあればいずれは同定が捨てられるんだという希望に満ちた日々を過ごすことはできるのではないでしょうか。

とにかく今は毎日歯磨きをした後にフロスをかけるような習慣で女性との接点を増やしてみましょうそうすればいずれ重い鎖が解かれ、軽々と歩ける日々が手に入ります

>>32歳から童貞を卒業できた方法をアドバイスします